オンワード・クローゼット





2014年02月01日

ジュエリーの役割

ジュエリーは、高価なものだけでなく思い出やメッセージの詰まった作品には、作者とそのジュエリーの所有者にとって特別な価値が生まれます。

ジュエリーは、直接肌に身につけ、24時間365日、貴女の大切な恋人や親友よりも、誰よりもあなたの傍にいてくれます。そして、貴女の大切な恋人や親友さえも知らないような、心に秘めた思いや、本音を、黙って静かに分かち合ってくれます。また、誰にも頼ることができない状況で、一人で何かを乗り越えなくてはならないとき、勇気と、パワーを与えてくれます。ジュエリーは何も言わないけれど、実は、貴女の頼もしい心の支え、大切な存在になってくれます。

また、ジュエリーは、あなたをより美しく魅せるため、キラキラ輝いて、貴女に花を添えてくれる名脇役になったり、身につけた時に、最大に貴女を美しく魅せるスポットライトにもなってくれます。
他にも、ジュエリーは、身を守るもの、幸運をもたらすもの、自分の信条や信念、人への想いを、心に忘れないように刻むために身につけるものになっています。
更に、ジュエリーはキラキラ輝いて視線を惹きつけるのはもちろんなのですが、それと同時にある部分から視線を逸らすという効果もあります。
例えば、ほんの少し肉付きの良すぎる腕や脚、気になるお肌の色むら、少し隠したいタトゥーや傷跡など。

ジュエリー発生説には「お守り説」があります。太古の人類は無防備な自分達に襲いかかる天災や獣から身を守る為にジュエリーを身に着けたという説です。また、獣のパワーを借りる為に強い獣の骨を身に着けたりする事もあったようです。その後、中世では愛する人にメッセージを伝える役割もジュエリーは果たしています。



【関連する記事】
posted by 組曲 子供服好き at 19:00| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンワード樫山公式ファッション通販サイト



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。