オンワード・クローゼット





2014年04月17日

スーツが似合う女性

働く女性のスーツファッションが似合う共通点は、スタイルが良い、背が高い、男性にはない凛とした雰囲気を持ちながらも女性らしさがある
、ブラックスーツのパンツスーツが似合うと言う共通点があります。スラリとした長い足を惹きたてる、ブラックスーツのパンツスタイルは、働く女性の象徴的な存在でもあります。また、スーツの似合う女性は、仕事場などで相手に与える印象が大きく変わり、仕事ができそうなイメージにもなります。

ここでは、スーツが似合う女性になるための、スーツの着こなし、スーツ選びやポイントをご案内していきます。
スーツが似合う女性になる為には、その時のシーンや自分のポジションに合うスーツを選んで着こなして、常識から外れず、さりげなく自己主張をする事だと思います。また、スーツが似合う女性になる為には、いくつかのポイントがあります。


@ジャケットを選ぶときの一番のポイントは、肩が合っている事です。
同じサイズのスーツを選んでも、肩幅がまったく違うため、試着をして、自分の肩にしっかりと合ったものを探します。
良く考えがちなのが、スーツの中にたくさん着ることがあるかもと考えてしまい、少し大きめのジャケットを買ってしてまう事です。
実際は、冬場でも暖房があるので、インナーは半袖や薄手のものが多くなっていて、厚手のものは着ることがなくなり、肩が合ってないということになってしまいます。


Aジャケットの形を知る事です。
「テーラード」とは、
襟のある、一般的な形です。ボタンの数は1個から3個付けられており、ボタンが1個であればフェミニンなイメージに、ボタンが3個であればかっちりとしたイメージになります。
 
「ノーカラー」とは
襟がないタイプで、顔回りがすっきりとします。フォーマルな場で使用されることが多いです。



Bジャケットの袖の長さを気を付ける事です。
袖が長いと、だらしない印象を与えます。そのため、袖の長さは「腕を伸ばしたときの親指の付け根くらい」がベストです。

 


Cジャケットの着丈
着丈が長さは様々です。しかし、長さによってバランスを上手く取るために、合わせたほうがいいボトムが変わります。
着丈が短い場合はスカートやワンピースと合わせ、着丈が長い場合は、パンツと合わせたほうがバランスよく着こなすことができます。


※スーツの着こなしで重要なポイント
胸を張ることを忘れないようにしましょう。普段よりも少し、意識するようにします。日本人はスーツが似合わないと言われますが、基本が猫背のためだとも言われています。そして、清潔感も重要なポイントになりますので気を付けて下さい。
また、背が低い女性がパンツスーツを着る場合は、裾を長めにして、かかとの 高いハイヒールを履くとパンツスーツを着こなせます。

ここまでの事を実践すれば、きっと今まで以上にスーツが似合う女性になっていると思います。
ちなみに、男性に人気のある女性のスーツは、タイトスカートのテーラードスーツです。
スーツが似合うって言われるようになれば、最高の誉め言葉になりますね。まわりの人達からも羨ましがられると思います。





 



【関連する記事】
posted by 組曲 子供服好き at 00:06| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
オンワード樫山公式ファッション通販サイト



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。